つくりての思い
  • レンジで簡単!閖上海鮮包み焼きセット
  • 丸七佐藤水産 佐藤 浩昭

    「社員一丸となってお客様の『美味しかった』のために」
レンジで簡単!閖上海鮮包み焼きセット

目指せ一流家内工業

丸七佐藤水産は震災で二つの工場、倉庫を流されました。仮設工場での生産再開を経て、2016年、名取は閖上の地に新工場再建を果たします。「目指せ一流家内工業」を合い言葉に、家族、社員が一丸となって、製品を作ってきました。社長自らが市場に出向き、水揚げされた魚の目利きをします。鮮度の落ちた魚は一切使用しません。
レンジで簡単!閖上海鮮包み焼きセット

レンジで焼きたての焼き魚を味わえる独自の技術

看板商品は厳選された閖上海鮮の味噌漬けです。レンジ調理で手軽に焼き魚を味わうことができます。それを可能にしたのが、魚を包み込む特許取得済みの特殊シートです。3分でできる上に、安全で、煙も出ず、後片付けも簡単。レンジから取り出された魚は、ジューと音を立て、食欲をそそる香りを辺りに広げます。魚の身には味噌の味がしっかりとしみ込んでいます。

レンジで簡単!閖上海鮮包み焼きセット

加熱時間を調整することで自分好みの味の濃さに

煮魚セットも同様に、レンジ調理で生の魚の状態から煮魚を作ることが可能です。加熱時間により味の濃さを調節できます。調理済みのものを温めるわけではないので、魚本来の旨味を逃がしません。添加物が入ってないため冷凍保存もできます。同封されている野菜にも、味がしっかりとしみ込んでいます。

レンジで簡単!閖上海鮮包み焼きセット

閖上で作り続ける意味

津波は形あるものを容赦なく押し流していきました。閖上の地で創業した先代は数多くの苦難を乗り越え、数多くのもの作り上げましたが、それらも例外ではありませんでした。「先代が遺した工場、土地、家。これらはすべて津波でなくなりました。しかし先代の意志は家族と社員に受け継がれ、『丸七佐藤水産』という社名も、閖上の地で私たちが一生懸命ものを作り続けているうちは存在し続けるのです」『閖上の丸七佐藤水産』を次の世代へ受け継いでいきたい……。この志を持ち続け、佐藤さんも先代と同じく数多くの苦難を乗り越えながら閖上での再興を果たしました。「復興はまだ始まったばかり。操業を続けていくことが一番難しいことですし、大事なことです。息子たちもよくやってくれていますから、心配はしていませんよ」先代の意志は、創業の地で着実に次世代へ受け継がれています。
レンジで簡単!閖上海鮮包み焼きセット

「美味しかった」の一言のために自分たちができることを

(有限会社 丸七佐藤水産 佐藤 浩昭) 「自分一人でできる仕事は限られている」。一時は作業の工程の機械化しようと考えました。 ただ、他の機械化された工場を見て、安全で美味しい製品を作るには手作業が一番と思いました。 会社という共同体は家族そのものです。自分一人ではできないからこそ、社員一丸となって製品を作っていきます。お客様に「美味しかった」と喜んでもらうために。